2296円 【年中無休】【あす楽対応】 【送料無料】コードレスハンドミキサー 充電式 電動泡だて器 HIRO HCDL-CHM001 生クリーム メレンゲ スイーツ お菓子作りに 家電 キッチン家電 ミキサー・フードプロセッサー ハンドミキサー HCDL-CHM001,お菓子作りに,【年中無休】【あす楽対応】,2296円,生クリーム,家電 , キッチン家電 , ミキサー・フードプロセッサー , ハンドミキサー,/mentorial292380.html,nf-nanami.com,メレンゲ,スイーツ,電動泡だて器,HIRO,充電式,【送料無料】コードレスハンドミキサー 2296円 【年中無休】【あす楽対応】 【送料無料】コードレスハンドミキサー 充電式 電動泡だて器 HIRO HCDL-CHM001 生クリーム メレンゲ スイーツ お菓子作りに 家電 キッチン家電 ミキサー・フードプロセッサー ハンドミキサー 年中無休 あす楽対応 送料無料 コードレスハンドミキサー 充電式 人気の製品 電動泡だて器 メレンゲ 生クリーム お菓子作りに スイーツ HIRO HCDL-CHM001 年中無休 あす楽対応 送料無料 コードレスハンドミキサー 充電式 人気の製品 電動泡だて器 メレンゲ 生クリーム お菓子作りに スイーツ HIRO HCDL-CHM001 HCDL-CHM001,お菓子作りに,【年中無休】【あす楽対応】,2296円,生クリーム,家電 , キッチン家電 , ミキサー・フードプロセッサー , ハンドミキサー,/mentorial292380.html,nf-nanami.com,メレンゲ,スイーツ,電動泡だて器,HIRO,充電式,【送料無料】コードレスハンドミキサー

年中無休 あす楽対応 送料無料 コードレスハンドミキサー 充電式 人気の製品 電動泡だて器 メレンゲ 生クリーム お菓子作りに 全商品オープニング価格 スイーツ HIRO HCDL-CHM001

【年中無休】【あす楽対応】 【送料無料】コードレスハンドミキサー 充電式 電動泡だて器 HIRO HCDL-CHM001 生クリーム メレンゲ スイーツ お菓子作りに

2296円

【年中無休】【あす楽対応】 【送料無料】コードレスハンドミキサー 充電式 電動泡だて器 HIRO HCDL-CHM001 生クリーム メレンゲ スイーツ お菓子作りに










■コードレスでいつでもどこでも使用可能です。
■大小2種類のウィスク付きです。
■5段階のスピード調整可能です。


■本体サイズ:190×100mm(ウィスク含まず)
■本体重量:約270g
■素材:PP+シリコン+ステンレス
■電源:入力100-240V、50/60Hz
■内蔵電池:リチウムイオン電池1300mAh
■付属品:ウィスク大・ウィスク小・充電ケーブル・ACアダプター
■保証期間:6か月
■メーカー名:ヒロ・コーポレーション/HIRO Corporation
■型番:HCDL-CHM001


・回転中、回転部に指やヘラなどの異物を接触させないでください。
・モーターがロック又は過負荷になるような使い方をしないでください。
・水に浸けたり、水をかけないでください。
・濡れた手で、ACアダプターのプラグを抜き差しや操作をしないでください。
・強い振動、衝撃を与えないでください。
・ウィスク着脱の際は電源を切り、電源ボタンに触れないでください。
・泡立てる際に、使用するボウルの底の部分に回転中のウィスクを強く当てないでください。

【年中無休】【あす楽対応】 【送料無料】コードレスハンドミキサー 充電式 電動泡だて器 HIRO HCDL-CHM001 生クリーム メレンゲ スイーツ お菓子作りに

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(1)】
2012年10月配信
1.電池の始まり
1660年頃、ドイツの物理学者ゲーリックは、イオウのボールの回転による摩擦で静電気を発生させる“摩擦起電機”を発明しました。その後1700 年代に入り、米国の独立宣言起草者の一人でもあるベンジャミン・フランクリンが電気には“プラスとマイナス”があることを提唱し、1752 年の有名な凧揚げ実験で、電荷がライデン瓶と呼ばれた蓄電器に集められて、雷が摩擦電気の放電現象と同じ現象であることを証明しました。
ゲーリックの摩擦起電機により静電気の研究は進展してゆきましたが、実用化を熱心に考えていたのは当時の医者でした。そんな中で1780年、イタリアの解剖医のガルバーニが、死んだカエルの足が金属のメスに触れるとけいれんを起こしたり、鉄柵に吊るしたカエルの足が雷の発生とともにピクピク動くことを見つけ、1791年その原因は動物電気(ガルバーニ電気)によるものだという論文を発表しました。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook